VOICE

先輩の声

MITSUAKI
OTSUKI

VOICE 02

現場管理の出来る方を即戦力として迎え入れたいです

大月 満明土木事業部 土木工務部部長

小石興業の強みは、土木事業をはじめとし、生コンクリート・骨材といった材料の手配から運送までを一気通貫で手掛けられることです。

経験豊富な人材が多く、多数の資格取得者が在籍し、現場に精通した質の高い作業員を約20人も抱えています。そのため、大手ゼネコンさまや企業さまから直接依頼を受けた案件を、下請会社を頼らず、自社で責任をもって完結できることに評価をいただいています。培った技術力と提案力を広く土木・建築分野にも発揮し、社会基盤創出を担っているのだと、全社員が誇りをもって日々の仕事と向き合っています。東京電力ホールディングス株式会社さまからの上高地の浚渫工事、株式会社錢高組さまからの山岳トンネル工事と、「私たちが手掛けた!」と胸を張れる実績が一つまた一つと増えていく喜びがあります。

今後の事業展開としては、社長が掲げる「目指せ、グループ総売上高100億円」にむけて、社員はもちろん、新しいグループ会社も増やし、企業規模を拡大していければと考えています。自然災害への備え、環境負荷の軽減、地方創生など、土木建設業を取り巻く環境は大きく変化しています。これまで以上に社会と価値観を共有し、さらに一歩先を見据えた企業活動が求められてくるでしょう。

私たちは時代が求める状況に的確かつ柔軟に対応し、環境面でも社会面でも持続可能な豊かなまちづくりを通して、社会に貢献してまいります。そのためにもさらなる人材の確保が必要です。まずは現場管理の出来る方を即戦力として迎え入れたいです。安全をトッププライオリティとして現場を見るにあたって各種資格が必要となりますが、資格をもたない人には会社全額負担でサポートも行っています。この業界で上をめざそうと意欲のある人にはぴったりの環境がそろっていますので、ぜひ会社の中核となってほしいと思います。

ENTRY